忍者ブログ
(くまたそブログ)
(くまたそブログ)
 
目の端に何かを捉えた彼は、早速仕事を開始した。

「……ふむ」

彼は道案内のための立て看板と思われるものの前に立ち、何やら構えをとった。
小さい体から、何か闘気のようなものが立ち上る。コオォ、という独特の呼吸をしながら目を瞑るその様は、武道における精神統一のように見えた。

「ムゥン!!」

低い唸り声と共にかっ、と彼が目を見開いた瞬間、彼の体は驚くべき変化を遂げた。
少年のような体が、一気に成長した。子供のような姿から、完全な大人のそれへと変わったのである。

本来、あり得ないことであった。彼の種族は元々、子熊を人型に近づけたような可愛らしい姿をしていて、大人になってもその姿は変わることが無いというもののはずなのだから。
そう。彼は異端児なのだった。ある理由から、彼はそういう能力を持つに至ったのだ。

『変身』した後の彼は、実に2メートルに届こうかというくらいの巨漢となる。目の前に立てば、ツキノワグマやヒグマと対峙した時のように威圧を感じるはずだ。彼のその筋骨隆々の姿には、まさにそんな大熊達が有する所の、圧倒的なパワーやエネルギーが全て内包されているのだ。だから、もし何らかの経緯で彼のこの状態を見るに至り、その結果逃げ出すことを選んだとしても、誰もその者を非難する人間はいないはずである。腕や足などはもう丸太のようであるし、仮になにかしらの攻撃を受けた場合、無事ではすまないのは子供でも分かるだろうから。

逃げれるものは逃げるべきである。しかし残念なことに、今回彼の標的になったものは、逃げることが出来ないのであった。

「オラア!!!」

逃亡街道を中心に据えて、きっと長い間ここで旅人達の道案内をしてきたはずの看板は、彼の咆哮と共に繰り出された無慈悲な拳によって、無残に叩き壊されてしまった。

やはり普通ではないのだった。当たった瞬間、看板は、花火が炸裂するように爆散したのである。

少し自分で想像してみれば分かることだが、並の攻撃力ではこうはならないはずだった。もし普通の大人の人間の男が同じ事をすれば、細い部分は折れるものの、せいぜいそのままの形で看板は吹っ飛んでいって、良くて落下のショックやどこか固い所に当たって壊れるという図式くらいにしか、ならないはずである。こんな風に粉微塵になるようなことは、絶対にないはずである。

つまるところ彼の拳は、何か特別な力を帯びているのだった。一体何が彼にここまでの力を与えているのか。要所をかいつまんで言えば説明することは可能だが、今はまだ、そのことは伏せておくこととする。やはり実際の場面に即して見てみるのが、本当の理解には一番なはずである。この部分については、もう少しだけ待ってみてほしい。


さて、話は目の前のことに戻る。今回、このように公共物を破壊してしまうという暴挙に出た彼だったが、ここで断りをいれておかなければならない。
彼は決して傍若無人得手勝手な人物という訳ではない。加えて、挨拶が返ってこなくてイライラしていたという訳でもない。この破壊行為には、彼なりにではあるが、きちんとした理由があったのだ。







拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なにいきなり公共物壊してるんですか!
リョーサン 2013/04/16(Tue) 編集
無題
恐らく傍若無人得手勝手な人物に違いない
やん 2013/04/17(Wed) 編集
無題
AAがうまく貼れなかった腹いせにノスンバオッ
看板が爆散するとは一体どれだけのパワーとスピードで破壊しているのか?!
のすけ 2013/04/18(Thu) 編集
無題
>リョーサン
これが俺の生きる道

>やん
違うし。

>のすけ
説明しよう!たそは二重の極み並の攻撃力を有しているのだ!
くまたそ 2013/04/23(Tue) 編集
calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]